占い師募集.占い師募集対面.占い師募集メール.占い師募集電話.占い師募集未経験.受付.占い師募集東京.占い師募集大阪

このサイトは移転しました。
自動的に新しいページにジャンプします。

占い師に向いている人、向いていない人

占い師になりたいと思っている人にとって、自分自身が占い師に向いているのか、そうでないのかというのは大きな関心事です。向いていないのに無理矢理占い師になっても成功しない可能性が高いので、できれば占い師になる勉強を始める前に適性を知っておきたいところです。

 

まず重要なことは、占い師を特別な仕事だと考えないことです。特殊な能力を持っている占い師だからと言って偉そうに構えていては、依頼者も集まりません。どんなに偉そうに振る舞っていても占い師は人間なので、お客さんがいないことには収入もありません。占い師という職業を、一種のサービス業だと考えることが重要です。

 

電話占いに限らず、占いの現場を見ていると分かるのですが、依頼者は自分の未来を知りたいということだけを占い師に期待しているわけではありません。もし全ての依頼者が自分の未来さえ知ることができればいいと考えているのであれば、ネット上や雑誌などに載っている占いコーナーで十分と考える人も出てくるでしょう。そういう人は、当たればいいのですから。しかし、現実は違います。対面や電話を使って占い師に自分の状況を聞いてもらって、そこから未来を切り開くアドバイスをもらうことを期待しています。言わば心理カウンセラーも兼ねた仕事であることが分かります。

「人の話を聞く」のが基本

心理カウンセラーにとって重要なことは、心理学の知識の次に人と向き合う姿勢です。相談相手の話をとことんまでしっかりと聞き、それを踏まえてコミュニケーションをする。占い師もこれと全く同じで、依頼者は自分の話をしっかりと聞くことができる占い師のことを信用するのです。占いには「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があります。当たる、当たらないという問題は実はそれほど大きなことではなく、その占い結果に至る経緯や、その結果を踏まえてどうするべきかという人生のアドバイスが重要なのです。ここで気の利いたことが言える占い師が、結果として多くの顧客を獲得しています。

 

これとまとめると、占い師に向いている人というのは、人の話をしっかり聞くことができる人です。また、占いの技術を磨くことをやめてしまうことなく、常に腕を磨き続ける姿勢も占い師に向いていると言えるでしょう。どれも地道なことですが、これができている人でなければ占い師として成功するのは極めて難しいと思います。次に、占い師に向いていない人とはどんな人でしょうか。向いている人の裏返しで、人の話をちゃんと聞かない人と、常に勉強をする姿勢を持っていない人はダメです。

1つのキャラクターに頼り過ぎない

細木数子というとても有名な占い師がいます。彼女は依頼者に対して高飛車な話し方をしますが、それでも多くの依頼者によって支えられています。これだけを見た人が依頼者との接し方を間違え、あんな物の言い方が良いと思い込んで集客できないという事例が多く見られますが、細木数子はテレビで見る姿と、実際に依頼者の前にいる姿が別人なのです。本当に鑑定料を支払って彼女の前に来ている依頼者に対しては本当に親身になって話を聞き、優しい言葉を掛けながら未来を切り開くアドバイスをしています。マネをするのであれば、彼女の本当の姿をマネるべきです。

 

また、自分自身のことが好きなのは構いませんが、独善的になる人は占い師に向いていません。自分がこれだけ言ってあげているのに、という姿勢で依頼者に迫っても全ての人が心を開いてくれるわけではないのです。最後に、占い師に向いているかどうかの適性で霊感や波瀾万丈の人生経験が必要なのかと思っている方々へ。結論から申し上げますと、これらの能力や経験は不要です。もちろん、どちらもあったほうが占い師としてのキャラクターに深みが出るので面白いとは思いますが、それだけに頼ってしまうと依頼者から見るとワンパターンなアドバイスしかくれない占い師というレッテルを貼られてしまいます。

 

むしろ、自分には霊感や予知能力などが全くないので、それを補うために易学をしっかりと勉強しているという人のほうが占い師に向いていますし、実際に成功しています。占いは未来を知るオカルト術ではなく、過去に人類が積み上げてきた経験に基づく統計学なので、それを科学的に理解して依頼者に優しく伝えられる技術を磨いている人のほうが圧倒的に成功しやすいでしょう。