占い師募集.占い師募集対面.占い師募集メール.占い師募集電話.占い師募集未経験.受付.占い師募集東京.占い師募集大阪

このサイトは移転しました。
自動的に新しいページにジャンプします。

占いの資格や免許について

職業の中には国家試験を受けて資格を取得しなければならなかったり、専門学校や大学で何年か専門的な知識を学んだりしなければならない職業があります。では占い師になるためには資格は必要なのでしょうか?

 

結論からいえば占い師になるための資格はありません。また占い師になるために専門の学校で何年か勉強しなければならないということもありません。占い師の資格は民間資格であり、その民間資格は占いの学校に通ったり、通信教育を受けることによって資格を取得することができます。占い師は、今日から自分は占い師です、といえば占い師になることもできるのです。

 

しかし、それでは占い師を名乗っているだけです。実際に人を占うためには占い師としての勉強が必要になります。一言に占いといっても手相占いに易、四柱推命、奇門遁甲、九星気学、宿曜占星術、陰陽道、算命占い、風水タロット、カバラ数秘術占い、星座占い、霊感・霊視占いや石占い、血液型占い、ヒーリング・セラピー、0学占術、姓名判断など様々な占いがあります。占いは現在の自分の状況や未来のことなど人の運勢を予測するものですが、そのアプローチの仕方はいろいろあります。そのため占いの種類も様々なのです。

勉強しておいた方がいい、占いの3大カテゴリとは

占いの中には神秘的な力によって運勢を占うものもありますが、蓄積された膨大なデータから回答を導く出すものもあります。そのため、占い師になるには、勉強や経験が必要になります。勉強の仕方はいろいろありますが、占い師を目指す場合は、3大カテゴリの占いについてひとつずつを身につけた方がいいと言われています。

 

3大カテゴリとは、(1)西洋占星術や四柱推命などといった宿命を推理する占い、(2) タロット占いや易といった媒体を使う占い、(3)手相術や人相術、風水といった姿形を観察する占いの3種類のことをいいます。

 

なぜ、この3つのカテゴリの中の占いをそれぞれひとつずつ勉強した方がいいのかというと、宿命を推理する占いでは人の一生を判断するのに強く、媒体を使う占いでは現在の問題を判断することができ、姿形を観察する占いでは人の一生と現在の問題の中間を占うからです。

全ての基礎となるコミュニケーション技術

占い師として働くには、占いの勉強をするだけでなく、人との接し方や話術、人をよく観察する力なども必要になります。というのも占いを利用する人というのは何かしら悩みを抱えていて、その悩みをどうにかして解決したかったり、何かしら転機を迎えることがあって、自分の判断を後押しして欲しいといった理由を抱えています。そのような人にネガティブなアドバイスをしたり、こんなことをしていけないといった否定的な事ばかり鑑定してしまっては、その鑑定を受けた人はより不安になったり悩みを大きくしてしまう場合があります。

 

占いの結果がよくなくても、それを好機に変えるための手伝いをできるかどうかは、占い師としての話術が問題になります。占い師という仕事は人気商売のようなところがありますから、お客の要求に応えることができる占い師の元にお客が集まります。カウンセリングとしての力と接客のテクニックが占い師を仕事とする場合には必要です。また、占いは当たるかあたらないかが問題にされますから、断定はしないといったテクニックなども必要でしょう。もちろん占い師としてのカンなども必要ですが、カンが優れていても、それをお客に希望を与えるために利用できなければ占い師としても資質を問われることになります。

 

また、占い師は3大カテゴリの中の1つずつを勉強すればいいといったものではありません。占いの中にはデータを蓄積してそこから回答を導き出すものもありますから常に勉強をしていかなくてはなりません。占い師にはここまで勉強すれば大丈夫といった基準はありません。常の勉強や研究していくことが大事です。